Amazon 「〜様、あなたは今、ショッピングクレジットの報酬を獲得しました。」

Amazonから怪しいメールが届きました。詐欺っぽいというのが第一印象であり、すごく疑ってかかりネットでも検索したのですがあまり出てこなかったので今回記事としてまとめておきます。

結果としてはAmazonからの正式なメールでした。メールの真偽についての私なりの見極め方も今回記入しておきます。

1.実際に来たメールの内容

Amazon名義で以下の様なメールが届きました。

〜様、あなたは今、ショッピングクレジットの報酬を獲得しました。

プライム・ビデオの特典をご利用いただきありがとうございます。

いますぐプライムショッピングクレジットを申請する。

次のステップに進む

15日以内にクレジット申請してください。

未申請のクレジットは15日以内に失効します。

なんとも怪しい。。本文の日本語には変なところはありませんが題名の句読点がおかしい。。。

すでにAmazonからの本物のメールだと分かった今見返してみても怪しさ満点ですね。期限を設けて次のステップに進むを押させようとしている所なんてまさに詐欺メールのテンプレって感じです!(本物ですが笑)

2.リンク先について

リンク先についてはスマホでAamaonのアプリが入っている方はアプリが立ち上がります。PCの場合はAmazonのサイトにつながります。ここではスマホのすでにクーポンを発行後の画面ですが参考までに

「次のステップに進む」を押した先の画面を載せておきます。(発行した後に再度「次のステップに進む」を押すと以下の画面が出ます。)

 

確かに500円のクーポンが手に入ったことが分かります。

そしてクーポンを手に入れると改めてAmazonより以下のメールが届きます。

〜様、ショッピングクレジットの報酬を使うことができます。

プライム・ビデオの特典利用で500円を獲得しました。

たくさんのプライム・ビデオをご利用のお客様は、プライムの配送特典もご利用いただいています、Amazonプライムでは、電化製品、ホーム&キッチン用品、書籍など幅広いカテゴリーの数百満点の商品を対象に、お急ぎ便やお届け日時指定便などの無料配送オプションを無制限にご利用いただけます。対象商品を1,000円以上ご購入いただくと、500円ぶんのクレジットが自動的に適用されます。

今すぐ購入する

クレジットの有効期限が迫っています。

制限が適用されます。条件の詳細は以下のとおりです。有効期限は15日です。

今回のクーポンには2重で期限があるので注意です。

  • クーポンを取得するのは15日以内
  • 取得したクーポンの有効期限も15日以内

怪しんでいる内にメールの存在を忘れて期限切れになってしまいそうですね。

ただでさえ最近詐欺メール多いので、、、

3.怪しいメールの見極め方例

ではどの様にして正しいメールなのかどうかを見極めたかというとリンクのボタンのURLをみました。

スマホでしたらボタンの上をタップするのではなく長押しすることで以下の様にボタンに埋め込まれているURLをみることができます。

URLを見てみると確かに

「https://www.amazon.co.jp/~」

となっておりAmazonへの正式なリンクであることがわかります。PCの場合は右クリックからの「リンクのアドレスをコピー」で他の場所に貼ることで確認できます。

今回の件以外でもこちらの方法は使用できますので参考にしてください。

他にもメールの日本語がおかしくないかなどの見極め方もありますが、今回のメールのように本物なのに日本語に違和感を覚えるものもありますのでリンク先のURLをみるのが一番手っ取り早いと思います。

●まとめ

今回は詐欺メールではなく本当にAmazonから来たメールでした。確かに先月プライムデーのポイントアッププログラムにプライムビデオの項目があった様な、、、遠い記憶にありました。

以前にもAmazonから偽物か!というようなメールが届き、結果本物だったということがありました。その時もメールの件名や本文の日本語に違和感を感じたのを覚えています。

邪推ですがわざと怪しいメール調にすることでクーポンを使わせる人数を絞っているのでは?と思ってしまいます。

何はともあれ今回のものに関しては本物でした。しかし、すぐに偽物の詐欺メールもこれらの文体をまねたものを出してくるはずです。必ずリンク先のURLは確認することをお勧めします。

それでは失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA