【節約】電気代 楽天電気→ENEOS電気へ

電気代の値上がりを受けて楽天電気からENEOS電気へ変更を行いました。

値上がりするまでは楽天電気で満足していましたが、昨今の情勢もあり見直しを行いました。ガスもまとめて変更できればもっとお得なものもあるのでしょうが、、、プロパンという縛りがあるため純粋な電気のみで検討しました。借家は辛い。。。

楽天電気             ENEOS電気

1.見直し基準

電気代を見直すに際しては以下の項目を基準に考えました。

  • 値段
  • キャンペーン
  • 乗り換えしやすさ
  • 今後の存続
  • 値段、キャンペーン

まずは、何につけても値段を確認しました。様々な電気会社のHPにて値段の比較を行いました。

また、エネチェンジを利用しても比較を行いました。価格.comで比較するとここに飛びます。

以下の情報があれば簡単に比較できて便利でした。

・住所

・現在の電気の契約

・今月の電気代(もっと細かく見ることもできます)

ちなみにENEOS電気はエネチェンジでは比較対象で出てこないです。上記の情報は他のサイトでも必要になります。情勢を受けて新規受付を停止している会社も多いのも理由と考えられます。

キャンペーンについては非常に乗り換えキャンペーン(初年度のみ)を行っているところが多いです。

私が気にしたのは、初年度が終わっても安いのかどうかと乗り換えしやすいかです。

  • 乗り換えしやすさ

電気会社の乗り換え自体は簡単です。申し込めばネット上で完結しまし、特にこちらで実作業を行うこともありません。

しかし、キャンペーンによっては今後もっとお得な会社が見つかってもすぐに乗り換えにくくなる縛り月のものもあります。そのあたりを気にしました。

ENEOS電気でも「にねんとく2割(とくとく割)」というのがあり、長期契約で安くなるプランもありました。しかし、2年立たずにやめた場合多少の違約金が発生するので、今回私はこれには加入しませんでした。現に楽天電気も2年立たないくらいで乗り換えましたし。

解約手数料は1,100円となります。サイトの下の方に小さく書いてあります。

  • 今後の存続

特にこれについてが決めてになりました。エネチェンジではオクトエナジー、CDエナジー、ミツウロコでんきと行った会社が上位でできましたが、今後も電気代は上がり安定しにくいことが考えられます。

そこで、私としては燃料を自前で取り扱っているというのを重きを置き選択していったところENEOS電気に行きつきました。

2.楽天電気メリット・デメリット

今まで使用してきた楽天電気についてメリット・デメリットについて書いていきます。ちなみにプランS 契約容量: 30Aの契約でした。

  • メリット

→楽天ポイントが貯まりやすい

→楽天ポイントで支払いができる

期間限定ポイントも使用できる

→電気の使用量についてサイトで確認しやすい

  • デメリット

→2022年6月から電気代が値上がり

→SPU対象から外れた

楽天ポイントがメリットの主な理由です。私は楽天経済圏も活用しているのでこれまで電気代についてはポイントで支払っていたので、現金の支払いは一回もなかったのは良かったと思える点です。

しかし、2022年6月より電気代の値上がりまたそのちょい前からSPU対象から外れたことで魅力は無くなりました。今もやろうと思えばポイントで支払いは完結できるくらいには毎月楽天ポイントは稼げていますが、そもそも値段が高いのであれば見直そうと思った次第です。

値上げ額は供給エリアによって異なりますが、値上げ率は4.3%~14.0%程度。電気料金に含まれる燃料費調整額も上限価格が撤廃されています。

特に燃料費調整額も上限価格が撤廃が大きいですねどれくらいくるのかがわからないというのが怖い所です。しばらくは燃料費調整額も下がらないでしょうし。

ポイントとサイトの見やすさはとても良かったです。単純に世界情勢が良くないですね。。。

このような感じで時間帯ごとに見れたり

日毎の使用量を見たり

月ごとに比較したり

見えるかは東京電力の時にはやりにくかったのでとても節電の参考になりました。

今までありがとうございます。

3.ENEOS電気メリット・デメリット

 

乗り換え先のENEOS電気のメリット・デメリットを書いていきます。

  • メリット

→楽天ポイントが貯まりやすい

→アプリによる電気使用量の確認がしやすい

→値段が安い

  • デメリット

にねんとく2割(とくとく割)は解約手数料がある

→最安値ではない

楽天電気に引き続きポイントの話になってしまい申し訳ないですが。

楽天電気と同様に「通常100円(税込)につき1ポイントに加え、200円(税込)につき1ポイント」の楽天ポイントが貯まるのでポイントがつきやすいです。また、アプリによる電気使用量についても確認しやすいです。しかし、個人的には楽天電気の方が見やすい。。。これは目盛を入れてくれるか軸を表示してくれることを希望です。

一日ごとの電気使用量

時間帯での電気使用量

デメリットとしては先に書きましたが、キャンペーンによっては途中解約で違約金が発生するものがあること。初年度のキャンペーンを考えるとオクトエナジー等のもっと安い電気会社が存在することになります。まだ乗り換えたばかりですので、今後はどうなるかわかりませんが、今のところは料金にも使用感にも満足しています。

●まとめ

ロシアのウクライナ侵攻等世界情勢の影響もあり、電気料金は値上がり傾向はしばらく続くことが懸念されます。また、新電力会社によってはそれに伴って事業撤退もある為今回は最安値よりも事業継続力も念頭に選びました。

現在は満足していますが、2年縛りのキャンペーンには登録しなかったこともあるので、もっといいものがあれば積極的に乗り換えていこうと考えています。

節約のアンテナは常に張っていいこうと思いますのでよろしくお願いします。

それでは失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA